炭酸パックってどうよ?

 

 

よく炭酸パックは雑誌等でも話題になっていますが、単純に炭酸パックっていいんだろうか?


 

 

炭酸パックはジェル状なものやミスト状のもの様々な商品がありますが、どれも共通しているのは皮膚に塗ったり、散布したりするのですが、無理な場合は、炭酸水に直接浸ければいいのです。
医療現場や施術所でも、人工炭酸泉を作って、足湯などをやっていますが、お客様からもとても好評です。

  • 血行が良くなる
  • 代謝が良くなり、冷え性が改善した
  • 肌がスベスベになる

など多くの声が寄せられています。

 

呼吸というのは、血液の中のヘモグロビンは酸素を結合させて細胞に運ぶのですが、ヘモグロビンは目的の細胞にきても酸素をなかなか離しません。これが、細胞の隅々まで酸素を取り込むことができない原因です。これでは、細胞はしっかり働きません。狙ったところで酸素を話してくれるとは限らないので、最大の効果をだすことはむずかしかったんですね。
ここで、炭酸ガスの出番なんです。炭酸ガスの元である「二酸化炭素」は、「酸素」よりもヘモグロビンと結合しやすい性質があります。本来、働かせたい細胞のところに「二酸化炭素」があると、ヘモグロビンは、「酸素」を離して「二酸化炭素」と結合するという現象が起こります。ヘモグロビンが離した「酸素」は、細胞をより働きやすくさせるのです。
もちろん、二酸化炭素ばかりの状況でしたら、ヘモグロビンは運ぶ酸素もなく、酸欠で肌に悪いことはもちろん、死亡にもつながりますが、局所的な二酸化炭素は、先にも挙げたような効果で、「酸素」を細胞に運ぶ効果を助ける作用があります。

 

炭酸泉は、血流改善による効果があることから、医療現場でも実際使われているものです。頭皮や美肌効果もあると言われています。
こういった効果を炭酸美容の商品にまとめたあたりさすがという商品ばかり。もちろんランキング上位の炭酸パックは口コミでも効果を体感された方が多いのも納得です♪

  • 2013/09/22 16:32:22