考えておきたい日焼け止めと炭酸ケア

春とか夏と言うのはやっぱり紫外線による日焼け、しわ、しみ、くすみ…いろいろな肌トラブルが気になりますよね。
それと気温が高くなってくると汗も沢山かくので皮脂のベタつきや、
毛穴に詰まる角栓も気になります。そんな時にやっぱり1番大切なのは毛穴をケアすることなんですけど、具体的に毛穴のケアって言うと何が思い浮かびます?洗顔とクレンジングでダブルで行うとかいろいろな方法があると思うんですけど、2週間に1回とか1ヵ月に1回といった頻度で行うスペシャルケアとしては、炭酸パックがすごく効果的なんです。炭酸パックと言うのは、美容成分も入っているだけではなくて、炭酸が主成分なので、肌のターンオーバーを活性化させてあげることができるんです。これはどういうことかと言うと、炭酸バックを使うことで、肌の表面にパックのような形でジェルを塗りつけて上げると、その下で行われている肌のターンオーバーのために必要な酸素が一旦補給が絶たれます。こうした肌のターンオーバーを一旦中断させて、炭酸ガスで肌を言ったら「疑似窒息状態」にしてあげるんです。ここまでを聞くとなんか肌に悪そうな感じがしますよね。でも違うんですこの炭酸パックを約10分から長くても30分肌の上に乗せたままの状態でじっとしていると、その後に炭酸パックのジェルを落としてあげることで、肌が自然とターンオーバーを活性化させようとして酸素をいっぱい取り込むようになるんです。そうすると自然とターンオーバーも活性化されて、自然と肌の状態がきれいに整っていくんです。肌の状態がきれいに整っていくという事はつまり、しみ、しわ、くすみといった全ての要素に効果的ということなんです。ああそうそうあの紫外線によるメラニン色素をの沈着(日焼けですよね)この日焼けももともと脳の視床下部と言うところにあるメラニン色素をを生み出すメラノサイトに命令を送る神経伝達部室のチロシナーゼを酸素の力で壊してくれるので、日焼けの悪化を防ぐこともできます。もちろん日焼けしたばかりでヒリヒリしている肌に炭酸パックを塗ると若干赤みが出たりピリピリしたりする感覚もあるので、そこはちょっと注意が必要なんですが、その場合は炭酸パックを冷蔵庫で冷やしてあげて、かなり近々になるまで冷やして上げた状態でそれから日焼け後に使ってあげるとそれだけで、かなりひんやりとした冷却管な気持ちよかったりします。ちなみに日焼け後というのはサンバーン(太陽光線による肌への攻撃とダメージ)であるため、かなり長く後遺症が残ってしまうものと考えられていますが実際は、端の端オーバーを活性化させてあげることでその黒ずみというのは実際は少しずつ改善されていくものなんです。そのためにはパンオーバーを活性化させてあげることと、日焼けの新たな要因になるUVをカットしてあげることこの2つが大事です。なので炭酸ガスパックを毎週週末に行うことと、UVをケアしてするために日焼け止めをしっかり毎日塗ること。この2つがポイントになります。炭酸パックが四宮シワくすみといったものにとても効果的と言われるのは、ターンオーバーの活性化と言う要素もありますが、その他にも、実は美容成分が含まれている者が市販の炭酸パックには多いので、そういったものを自分に合わせて選ぶことによってそれぞれで最高の効果を出やすくすることが可能です。実際に炭酸パックは大人ニキビの殺菌と表皮の菌バランスを整えるという効果も期待できます。そして炭酸パックを使った後は一旦ぬるま湯できれいに炭酸パックのジェルの成分を落としてあげて、そして必ず自分がいつも使っていて肌の調子の安定させることができている化粧水でしっかり保湿してあげてくださいその後美容クリームと乳液でしっかりと肌の潤いが外に逃げないようにちゃんと法の幕を作ってあげましょう。そうすることでシミや日焼けの原因になるメラニン色素をも少しずつ改善されていきましくすみやたるみも、肌のハリがアップするので自然と解消されるようになります。

  • 2017/05/08 12:59:08